『ビブリア古書堂の事件手帖』


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
アスキーメディアワークス
2011-03-25
三上 延


Amazonアソシエイト by ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


本日の本はこちら。
『ビブリア古書堂の事件手帖』

表紙にひかれて
ずっと気になっていたのですが、
今回ドラマ化など話題性があったので
購入してみました。
(図書館予約いっぱいだったもんで)

えー…
ファンが多そうなんで反転してください。
あんまりいいことは書けないかんじなんで…
そんなでもいいよという方だけどうぞ。


結論からいうと、
あー、
なーんだぁ、という印象でした。
ちょっと期待が大きすぎたかなぁと正直思いました。

古書堂の店主は
栞子さんというのですが、
人づきあいがニガテで、
日常会話はうまくできず、
でも本のこととなると目の色が変わり、
すらすら話しちゃう、
そんな本の虫。
そして洞察力推理力がはんぱじゃなくって、
見た目がむちゃくちゃきれいで、
ムネもあって、
黒髪がうつくしくって…

って
少女マンガ?


ギャップ萌え?


このできすぎな設定にまず「ん?」となっちゃいました。



主人公は
大輔というのですが、
ガタイがいいのに
草食系?で
うじうじタイプ。職探し中。
むかし怒られたのがトラウマになったか
本が読めない体質…

って
そんなことってあるの?


この設定もどうなの?となったんでした。



ただナゾトキ自体は
あぁなるほど!
と楽しめました。
栞子さんの洞察力がすごすぎて、
こんな人が本当にいたら
ちょっときもちわるいかもと思ってしまいましたが…


あんまり自分には合いませんでした。
ざんねん。
どこかの図書館に寄付しようかな。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
ランキング参加中。

この記事へのコメント